logo

当サイトではサービス向上のためにCookieを取得します。同意いただける場合は、「同意する」ボタンをクリックしてください。
詳細は、Cookieポリシーのページをご覧ください。

JALAM会員提供動画

コラム

マウスへの気管挿管

当学会会員が提供する、実験動物・動物実験に関する動画を掲載していきます。

今野兼次郎先生(国立循環器病研究センター研究所)

JALAM学術集会委員会

関連記事

安楽死にまつわる諸問題

安楽死にまつわる諸問題 part1

欧米と異なる日本独自の宗教観と言う観点から、日本人に特有の安楽死に抱いている感情や作法を振り返る

安楽死にまつわる諸問題 part2

動物実験従事者におけるCompassion Fatigueについて解説する

コラム

新型コロナウイルス感染症研究における3Rs(in WC11)

The 11th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences(第11回 国際代替法学会;WC11)は2020年8月にオランダのマーストリヒトで開催する予定だったのですが、コロナの影響で2021年8月に順延されました。

2020年のWC11の開催は無くなりましたが、代わりにタイトルのウェビナー(https://wc11maastricht.org/webinar/)が無料で開催されることになりました。非常に興味深い内容ですし、YouTubeにアーカイブされており日本語(自動翻訳)の字幕を出すことも可能ですので、興味のある方は是非ご覧ください。個人的には2日目のジョンズホプキンス大学CATT(動物実験代替法センター)の方の講演が新型コロナ研究をゴールドラッシュのように例えていて面白かったです。

しかし代替法はあくまで他の試験を代替するものであり、今回の新型コロナウイルスなど試験自体が確立していないもの(動物実験もゴールドスタンダードと言われるものが確立していないもの)に対しては難しいということが明らかになってしまいました。もちろんiPS細胞などin vitroの試験を用いて研究していくことは必要ですが、スピード感が求められている中では動物実験と同時並行で進めていかざるを得ないのが現状です。この中でも私たちのような管理者が出来ることは、非常にシビアな感染実験などに対し、人道的エンドポイントを積極的に適用するなどのRefinementの実践だと考えています。

コラム

【会員限定公開】動物実験手技動画(株式会社ケー・エー・シー提供)

株式会社ケー・エー・シーにご協力いただき、JALAM会員限定で動物実験手技動画を公開することになりました。

なお、本企画の掲載動画は、株式会社ケー・エー・シーの動物実験委員会が定める基準に則り、厳正な審査の基に作成されております。動画の閲覧にあたっては、以下の注意事項をお守りいただけますようお願い申し上げます。
1.掲載動画の内容の一部又は全部を無断でダウンロード、録画、録音、撮影するなどの行為はおやめ下さい。
2.掲載動画の著作権及び著作者人格権は、株式会社ケー・エー・シーに帰属します。

動物実験手技動画-投与編

動物実験手技動画-採血編

動物実験手技動画-その他

動画視聴後は以下のアンケートにもご協力ください。

https://docs.google.com/forms/d/1AGAnGqnkss9XWciqatlBkcJTOHXtxofaR1AAbJPHg3U/edit

動物実験手技動画