logo

当サイトではサービス向上のためにCookieを取得します。同意いただける場合は、「同意する」ボタンをクリックしてください。
詳細は、Cookieポリシーのページをご覧ください。

教育の記事一覧

動物実験の情報発信(イギリス編)

物実験・実験動物の情報発信について、何回かに分けてお伝えしていきたいと思います。情報発信に関してはまずは先達である海外に倣えとのことで、初回はイギリス編です。なお、今回の内容はLABIO 21の記事「特集 イギリスの一般市民への動物実験に関する情報発信の状況 訪問調査研究の報告(1)市民へ動物実験の理解を促す活動団体”UAR”」をもとに構成しています。

イギリスは1800年代から動物虐待に関する法律が制定されるなどの歴史的背景から動物愛護に関する意識が非常に高い国です。そのような流れを受け、動物実験・実験動物に対しても非常に強い反対運動が巻き起こりました。SHAC(Stop Huntingdon Animal Cruelty)と呼ばれる団体がイギリスの大手CRO企業であるハンティンドン・ライフ・サイエンス社に対して放火や実験動物の連れ去りなど、非合法活動を行っていたことも記憶に新しいことかと思います。

イギリスでは1908年にResearch Defence Societyという団体が設立され、以前から研究を擁護してきました。また、2003年頃から市民に向けて研究への理解を推進するための活動を行っていたCoalition for Medical Progressという団体があったのですが、2008年にこれらの団体がまとまり、UAR(Understanding Animal Research;https://www.understandinganimalresearch.org.uk/)が設立されました。元々あった2つの団体はそれぞれ、動物実験に関する理解促進、情報発信活動を行ってきたのですが、名称からは分かりづらいという声が上がっていたことから、新しい団体には目的が分かりやすい名称となったとのことです。

UARの活動は大きく3つの活動に分かれており、ここからはそれぞれの活動を見ていきたいと思います。

教育

UAR HPから引用

主に日本の中学生・高校生にあたる生徒を対象に動物実験に対する正しい理解を深めるべく教育を行っています。主な内容はボランティアの研究者や動物実験技術者による学校訪問であり、年間300件ほど行っているとのことです。現在はイギリス全土で500名ほどのボランティア登録があり、ボランティアとして登録するためにはUARが初めに研修を行います。

さらに一部希望者に関しては実際の動物実験施設への見学ツアーも行っているとのことです。受け入れ側施設の準備などもあるかと思いますが、実際に見学した生徒たちの感想を聞くと、実際に訪問してみて動物の世話が行き届いていることや、スタッフの熱心さを知ることが出来て好評とのことです。このあたりは日本でも積極的に導入していければ良いですね。

ロビー活動

最近、日本でも徐々に見られるようになってきましたが、特定の候補や政党が安易に得票を狙って「動物実験の禁止」などを訴えることの無いよう、動物実験の禁止による医学・獣医学などの発展の阻害などを丁寧に説明して回る活動を行っています。UARは団体としてこれらの活動に熱心に取り組んできたこともあり、イギリスではUAR設立後2回の総選挙を経験していますが、選挙の際にこのような動物実験禁止をマニフェストに掲げるような候補者は出なかったとのことです。日本国内でこれらロビー活動を行っている団体はほとんど無く、日本人ももっとしたたかにこういった活動に取り組むべきだと個人的には考えています。

コミュニケーション

UAR HPから引用

コミュニケーションは情報発信において非常に重要な役割を果たします。UARが設立された当初はテレビや新聞などマスメディアで動物実験擁護活動を展開していましたが、現在ではインターネットやソーシャルメディアでの発信に切り替わってきているようです。動物実験反対派の事実に異なる主張に対し、正しい情報を公開し、その意義を訴えるという姿勢を明確にしており、このことによりメンバーや組織が動物実験に改めて理解を深めることで、さらに自信をもって自らの立場を鮮明にアナウンスすることも出来るようになってきているとのことです。つまりは情報発信側のトレーニングにもなっているようですね。

また、情報開示に関する活動として、UARではweb上で動物実験施設のバーチャルツアーを開設(http://www.labanimaltour.org/)しています。

上記HPから引用

上の写真はオックスフォード大学の動物実験施設のバーチャルツアーです。公開している部屋は限られますが、色の付いている部屋はすべて見ることが出来ますし、Googleのストリートビューのように360度ぐるぐる回して見ることが出来ます。また驚くべきことに、このようにサルに電極を付けた非常にシビアな試験を公開しており、逆にオックスフォードの動物実験に対する透明性を高めるものになっています。

このようにUARの様々な活動を見てきましたが、イギリスでは長年これらの活動に取り組んできただけあって非常に洗練されたものとなっています。現在、日本でもUARの活動を見習って情報発信活動を始める動きが出てきていますが、それにはまず現在の閉鎖的な環境を打破し、胸襟を開いて、動物実験はそもそも何のために行っているのかという原点に立ち返って正しい情報発信を進めていく必要があると考えています。

コラム

令和元年度版コア・カリキュラムが公開されています

少し前の話になりますが、6月22日に改訂版獣医学教育モデル・コア・カリキュラム(コアカリ)が全国大学獣医学関係代表者協議会で公開(https://www.jaeve.org/cur/release/)されました。

私たちが学生の時にはコアカリは存在せず、各大学の先生方が好きなように授業をしていました。そのためどうしても先生個人の意見に左右されやすい授業となり、これが卒業後に役に立つのかどうかも分からないし、何だったら国試に出るの?という感じでした。コアカリが出来た今ではそのあたりが大分改善されたと伺っています。

では実験動物学の講義と実習の改訂版コアカリを見ていきましょう。

実験動物学
(1)動物実験の意義、倫理と関連法規
(2)動物実験の立案と成績評価
(3)動物実験の基本的技術
(4)実験動物の遺伝育種
(5)実験動物の繁殖
(6)実験動物の飼育管理
(7)各実験動物の特性
(8)実験動物の微生物コントロール
(9)実験動物の感染症
(10)モデル動物学
(11)発生工学

実験動物学実習
(1)動物実験計画の立案と審査
(2)動物実験の基本的手技
(3)実験動物の遺伝学的品質
(4)実験動物の微生物学的品質
(5)発生工学の基礎技術

はっきり言ってこれらの内容が習得できれば、私たち実験動物管理獣医師の仕事はカバーできるほどに充実しています。というよりもすべてをカバーしている獣医師は少ないのではないでしょうか。私自身、発生工学は疎いのでもう少し勉強しなければ・・・と思っています。それはさておき、特に講義でも実習でも動物実験計画の立案・審査が真っ先に挙がっていることからその重要性が伺い知ることができます。そこで特に今回はこちらを深堀りしていきたいと思います。

実験動物学

(2)動物実験の立案と成績評価

一般目標

動物実験の立案及び動物実験計画書の作成のために必要な事項、動物実験成績の評価に必要な統計解析と外挿について理解する。

到達目標

1)実験目的に適した実験動物の選択について説明できる。

2)3Rの原則、動物の福祉の概念について説明できる。

3)動物実験計画書が必要な理由と主な記載項目を説明できる。

4)実験成績を適切に評価するための統計解析について説明できる。

5)動物実験から得られた成績の外挿について説明できる。

実験動物学実習

(1)動物実験計画の立案と審査

一般目標

動物実験計画書の作成または模擬審査を通して、動物実験計画書の作成と審査の概要を理解する。

到達目標

1)動物実験計画の立案に際して検討すべき事項を理解し、科学的でかつ実験動物の福祉に配慮した動物実験計画書を作成できる。

2)動物実験計画書の内容を理解し、その妥当性を判断できる。

実験動物学はどちらかというと基礎系としてみなされているため、大学の2~3年次に学ぶことが多いとは思いますが、その際にここまでの内容を理解しながら動物実験計画の立案・審査が出来るかはなかなか難しいかもしれません。というのも、立案するにしても審査するにしても実験の内容を理解していないと出来ないからです。私が学生の頃は実習などで実験をする際には与えられた課題をこなすだけで「何のために実施するのか」という目的意識が希薄だったように思えます。しかし実験はその目的こそがいちばん重要であり、その目的を達成するためにはどうするか?といった感じで組み立てていきます。ですのでこれから実験動物学実習で立案・審査を行う際には、目的に沿った実験が構築されているかを意識することが特に重要だと思います。

コラム

  • 1